加齢による問題

年を取ると、問題となるのが、歯が抜け落ちてしまうことです。
年を取ると、歯茎が弱ってきてしまうため、歯の根元がぐらつき、抜けてしまう場合があるのです。
さらに、加齢によって、唾液の量も少なくなることも、歯が抜けてしまう原因です。
口の中の唾液は、虫歯菌の働きを抑える効果があるものです。加齢によって唾液量が少なくなると、虫歯に罹りやすくなるため、歯周病などの影響により歯が抜けてしまうのです。
歯は、他の骨などのように、抜けてしまうと二度と再生はしません。
そのため、歯が抜けてしまった人は多くが入れ歯などを利用します。
しかし、入れ歯は非常に不便であり、何かの拍子に外れてしまう場合があります。
しゃべっている時や、食事の際に抜けてしまう場合があり、落ちてしまうたびに洗浄などを行なっていては、非常に手間がかかるのです。
他にも、こうした入れ歯は食事の際も違和感を覚えさせるものです。
自分の歯ではないため、物を噛んでいる感覚が鈍く、今ひとつ美味しく食べられないという人もいるでしょう。

こうした人にお勧めできるのが、インプラントによる手術です。
インプラントとは、歯を歯茎の奥、顎の骨に埋め込む事によって、従来の歯のように利用することができます。
入れ歯のように、歯茎の上から被せるものではないため、物を食べていたとしても違和感のようなものは感じません。
また、入れ歯のように何らかの拍子で落ちてしまうこともないため、不便もなく利用することができるのです。
このインプラントでは、顎の骨が細くなっている人に対し、骨移植を行います。
顎の骨が薄い状態ですと、インプラントを行なったとしても、顎がインプラントのボルトを支えきれないため、抜けてしまう恐れがあるのです。
骨移植を行なうことで、インプラントによる人工の歯を根元からしっかりと支えられるのです。

自家骨の利用

インプラントでの骨移植では、自分の骨で移植を行います。自家骨移植と呼ばれる方法であり、厚いオトガイ部の骨から採取するため、採取を行なったとしてもリスクを被ることはありません。自分の骨なので、拒絶反応も起こらないのです。

インプラントの利点

インプラントを利用する利点として、見た目の良さが挙げられます。入れ歯では、口元が出っ張っているように見られますが、インプラントであれば若い頃と同じく綺麗な見た目となります。骨移植と併用して行いましょう。

クリニックの利用

インプラントや骨移植を行なうクリニックには、インターネットを使用して連絡を行なうことができます。クリニックでは、カウンセリングによって症状の相談を行なうことができます。治療方法を詳しく聞くほか、治療費の相談も行えるため、利用することができるのです。